Sponsored links

2008年01月21日

メタボ影響か! 岡山県総医療費、6年間で25%増 

メタボ関連ニュースです。

今日も、いってみましょうexclamation&question

岡山県内の総医療費が2012年度には約6836億円に増加し、

06年度(約5467億円)からの6年間で25%増えると推計されることにあせあせ(飛び散る汗)


 県の素案では、生活習慣病対策として特にメタボリック症候群に焦点を当て、

今年4月から始まる特定健診(40―74歳)の受診率を12年度に70%以上、

メタボリックの該当者や予備軍を10%以上削減するとの目標を設定したそうですexclamation



 医療体制の見直しでは、国の大幅削減の方針に従い慢性期の高齢患者らが

長期入院する療養病床を約5700床(06年度)から12年度末に3000床程度まで減らす。


平均入院日数は35・1日(05年度)から32・5日への短縮を目指す。


病床数と入院日数の数値は、近く国が示す診療報酬改定などを受け、

修正することにしており、総医療費などの数値も変わる可能性がある。


 県は病院や市町村関係者らによる「県医療費適正化推進協議会」を設置して

計画の策定作業を進めている。


これまでの協議では県の素案に対し、

複数の委員が病床数や入院日数の削減について患者への影響に懸念を表明。


「減らすだけでは県民は安心感が持てない」「医療費だけでなく、

介護費用も含めて議論すべきだ」など、慎重さを求める意見が相次いだ。

 県は素案について今月下旬から1カ月間、県民意見を募り、3月に計画を決定するそうです。

メタボ もここまできましたね。




山陽新聞
posted by メタボ対策 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(1) | メタボ最新ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9800383

この記事へのトラックバック

入院保険とは
Excerpt: 入院給付金は基本的に日額で五千円か一万円のようです。一日目からもらえるというわけではなく、入院五日目からが多いです。入院というと長期の入院で、家計が破綻するというのが最悪のパターンですが、通算千日まで..
Weblog: 入院保険のメモ
Tracked: 2008-12-29 02:40